HOME > データ作成について
印刷データの作成・入稿につきまして

大変お手数ですが、印刷データを作成・ご入稿の際は下記内容をご確認頂いた上でご入稿頂きますよう、お願い申し上げます。



<データ入稿につきまして>

Check1:□データ入稿は、Illustrator(ai形式)又はPhotoshop(psd形式)でお願いします。


●Illustrator(ai形式)又はPhotoshop(psd形式)でのデータがなく、画像データ・PDFデータなどをお持ちの場合は、事前にご相談下さい。
 その場合こちらでデータを加工させて頂く事も可能ですが、有料となる場合がございます。(有料となる場合、事前にご連絡致します)
●Illustrator(ai形式)又はPhotoshop(psd形式)に、画像を貼り付けたのみのデータではご入稿できません。



Check2:□パスでトレースされた形式でご入稿ください。

Check3:□印刷部分(インクがのる部分)は黒100%で作成し、全てアウトライン化していただいた後、
グループ化してください。

●2色印刷をご希望の場合は、1色につき1ファイルで版分けし、トンボをつけ、それぞれ黒100%にて版下作成してください。
 尚、1色目(先)に印刷する版下データと2色目(後)に印刷する版下データが判別できるよう、ご指示願います。



<データ作成時の注意事項>


● 線幅は1mmを推奨しております。



版は、メッシュ生地で出来ています。
メッシュの粗さは、ご注文の商品により最適なものを使用していますが、メッシュの粗さよりも細い線は版に乗らず、印刷に出ません。また、版に乗った場合でも細すぎる線はインクが詰まりやすく、不明瞭な印刷になることがございます。



 
※複雑なデザイン、細線、小さい文字などは印刷時に潰れ、擦れが発生する可能性がございます。


細い線でのベタ抜きは避けて下さい。


シルク印刷はアナログな作業のため、何度も印刷を重ねていくうちに、メッシュが インクで少しずつ塞がっていきます。(ほんのコンマ数ミリのことです)
加えて、印刷する際に圧が掛かるため、ベタヌキのヌキが細くなる 傾向にあります。
そのため、細い線でのベタ抜きは避けてください。
ベタ抜きの場合は、実際に印刷に出したい線よりも太い線で作成されることを 推奨します。



 

実際の刷り見本です。0.35mmの線は出ていますが、ベタ抜きはほぼ潰れてしまっています。(左図は数枚ほどを刷ったものです。実際の生産時にはもう少し線が潰れます。細くても0.7mmまでをお勧めさせて頂きます。




濃度の高いスクリーントーンはベタと変わらなくなります。


シルク印刷でのスクリーントーンでの表現は可能ですが、制限があります。
ドットとドットの間が詰まっているようなスクリーントーンは、場合によっては ドット間がインクで塞がってしまうため、推奨いたしません。
ベタの隣には、濃いスクリーントーンを配置しないでください。





● インクは、生地色の影響を受けます。

シルク印刷のインクは、完全な不透明ではありません。
少し透過している為、生地の色の影響を受けますので、濃い生地に薄い色での印刷の場合、下の生地色が透けて見えます。
濃色生地への印刷の場合はお気をつけ下さい。




無題ドキュメント