株式会社エーワン|不織布バッグ|包装用品|
HOME > 印刷情報

印刷情報


エーワン独自の印刷技術にお任せください。


▶生産キャパ 年間約400万ショットの実績
毎日多くのご注文をいただいており、熟練のスタッフが対応いたします。

▶国内自社工場で印刷
安心・安全を国内基準で管理。細かい対応や品質の安定に、自社工場が威力を発揮します。




印刷方法カテゴリー


後入れ印刷


単色
シルクスクリーン印刷

1色毎に版を作成し、インクを刷りこむ定番の印刷方法




フルカラー
高温転写印刷

ひび割れの心配なく両面全面フルカラー印刷が可能




フルカラー
コピー転写印刷

レーザープリンタで印刷したようなきめ細やかな印刷が可能




フルカラー
PS印刷

きめ細やかなフルカラー印刷を、より身近な価格で実現






原反生地への印刷


単色
フレキソ印刷

生地に印刷をしてから製袋するのでエンドレス柄におすすめ






後入れ印刷

シルクスクリーン印刷

1色ごとに版をおこしてインクで刷る、印刷方法です。
例えば2色印刷の時には2版、3色印刷の時には3版というように、印刷したい色の数ごとに版が必要になりますが、版は一度作成すれば繰り返し使用可能です。
※印刷色は定番の40色の他、PANTONEやDICなどの特色での印刷も可能です。

基本料金



ポイント1


2種類の印刷方法をご用意。用途に応じてお選びください。



◎手刷り
インク乗りが美しく、小ロットの印刷に向いています。
※ブラウン生地にインク色赤金で印刷


◎機械刷り
大ロットの印刷なら、機械刷り。安価で、大量に印刷が可能です。
※ベージュ生地にインク色黒で印刷


ポイント2


印刷色は、弊社定番色からも、指定色でも承ります。


◎定番40色をご用意
使用頻度の高い色を、定番色として持っています。下記の40色よりお選びください!

◎DICやPANTONEでの特色も承ります
特色での印刷も承ります。職人が一色一色、ご指定にあわせて調色いたします。


ポイント3


版は一年間保管!


◎弊社では、ご注文後一年間は版を保管しております。リピート発注の促進にお役立てください。
※ただし、手刷りと機械刷りでは違う版となりますのでご注意ください。




高温転写印刷

転写紙に昇華インクで印刷し、生地と転写紙を合わせて加熱・加圧し昇華インクを気化させて、生地に定着させる転写印刷です。

基本料金



ポイント1


独自技術による、小ロット対応


通常、原反生地への印刷で実現する「高温転写印刷」を、エーワン独自の技術で小ロット後入れ印刷対応が可能に。


ポイント2


製品ほぼ全面への印刷が可能。


製品ほぼ全面への印刷が可能で、後入れ印刷なのにまるで原反生地から作成したような仕上がりです。


柔らかな風合いのまま、細かい文字や柄、グラデーションの表現も可能


原反生地から作成したような仕上がり




コピー転写印刷

転写シートに印刷した図柄を、糊で熱圧着させる印刷方法です。 糊のための版代が必要となりますが、比較的自然な仕上がりとなります。

基本料金



ポイント1


レーザー印刷機による、高精細なフルカラー印刷



白フチ画像


生地色フチ画像


白ベタなし画像

専用のレーザー印刷機でシートを印刷し、そのシートを不織布バッグ等へ圧着させます。CMYK4色分解による、高精細な印刷が可能です。


ポイント2


長年、不織布バッグへの印刷をしてきたエーワンならではの技術


本体色が濃色の商品へも、美しいフルカラー印刷をしていただけます。 商材をもっと目立たせて、お客様へ強烈にアピールができます。


ポイント3


版は一年間保管!


弊社では、ご注文後一年間は版を保管しております。リピート発注の促進にお役立てください。




PS印刷

図柄を印刷した紙を、特殊な糊で熱圧着させる印刷方法です。 版代が必要ないので安価にご利用いただけますが、紙を貼りつけているため 若干の「反り」が発生します。

基本料金



ポイント1


新発想!出力紙を不織布へ貼り付けるフルカラー印刷。



カッティング機で紙をカット


若干の反りが発生します。

商品に若干の「反り」は発生しますが、出力紙を特殊な糊で不織布へ貼り付ける新技術。 フルカラー印刷を、より身近な価格で実現しました。


ポイント2


版代不要で、より安価にフルカラー印刷を実現。


PS印刷は、版代不要。より安価にフルカラー印刷をお楽しみいただけます。





原反生地への印刷

フレキソ印刷

鉄芯にゴム版を巻き付け、原反生地へ印刷をします。
製袋前に印刷しますので後入れ印刷はできませんが、大ロットの製品作成に向いています。

基本料金



ポイント1


比較的安価な大ロット印刷



印刷用の鉄芯


印刷に使用するゴム版

原反(巻物)の状態で印刷するので、シルク印刷など一枚ずつ印刷する方法に比べ商品あたりの代金は安価になる場合が多いです。